Poker テキサスホールデム
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサキのポーカーブログ

ポーカープレイヤーのマサキです。ツイッチでトナメ配信してます。

bigO(5カードオマハハイローハンドランキング表)プリフロップ戦略

 

日本では超ドマイナーな5カードオマハハイローのプリフロップ戦略について書きます。

このゲーム本当に超面白いのでもっと広まって欲しい!

 

f:id:masakimilk:20170315121000p:plain

 
【基本的なプリフロップのハンドセレクション基準】
 
 
1・Aがあるかどうか。
 
Aはハイのナッツでローの最強カードでもあるのでAの重要性はとても高い。Aがなければほぼ参加できない。
 
 
2・A2であるかどうか。
 
ローナッツであるA2xxxを完成させる為にもA2の組み合わせはとても重要。
 
 
3・Aのスーテッドかどうか。
 
Aにかかっているスーテッドの重要性はとても高い。ハイローは基本的にA2などでローを作りつつ、ナッツフラッシュを狙いに行くゲームである。
またこの際に重要になるのが自分が保有しているAスーテッドの枚数。いくらAスーテッドがあるといっても自分で4枚も5枚もスーテッドを持ってしまったらフラッシュを作りににくくなってしまうので価値が下がる。
 
 
4・A2の他にウィールカードはあるか。234など
 
A2のみで参加すると、Aや2がボードに落ちた場合にロー完成が難しくなる。またターンでナッツローだったのにリバーで2が落ちて捲くられたなどもよくある。
その為にもA2以外のウィールカード345のいずれかを含んでいることの重要性はとても高い
 
例:
 
45K9
 
上記のようなボードで
 
A2xxxを持っていた場合、ターンでナッツロードローであるが、リバーでAが落ちたとする
 
45K9A
 
このようなボードではA2xxxではローは完成せずよくてAからのツーペア止まりである。
もしA23xxをもっていれば
 
ローはA2345のローナッツであり、ハイもA2345のナッツストレートである。
 
A2xxxとA23xxとの差は想像以上に大きい。3でなくても4や5を持っているだけでもだいぶ価値が違う。678はあるだけましだが、345などのカードとはだいぶ価値が違う。
 
 
5・AAである。
 
AA単体はあまり重要なことではないので過信しないように。というよりAA単体ではとても弱い。
しかしAA2xxxの組み合わせになるととても強くなる。
またここでもAAにスーテッドがかかっているかどうかがとても重要になる。
 
 
 
6・KやQなどのハイカードがある。
 
ハイカードがあるだけで単純にプリフロップのエクイティがあがり、ハイで勝ちやすくなる。
これは普通のオマハと同じ。
 
 
7・ポジションがある。
 
ハンドの内容とは関係がないが、5カードオマハハイローでもポジションはとても重要である。
ポジションのない弱いAA系やA3系などはフォールドすることをオススメしたい。
 
 
【参加できるハンドの例】
 
AA2xx
A2xxx    
A35xx
 
※いずれもAスーテッドがあることが望ましい。
 
上記のいずれにも属さないハンドは初心者のうちは参加しないほうがよい。
 
 
【強そうに見えてめちゃ弱いハンドの例】
 
6789T
KKxxx
 
特にミドルランダウンは弱い。ナッツストレート狙いで参加することになるが、ナッツストレートができたときには必ずローが完成しているボードになるのでチョップになる。つまりどんなに頑張ってもチョップにしかなれない。参加する意味なし。
 
KKxxxは普通のオマハでもたいして強くないけど、5カードオマハハイローでは雑魚。ゴミすぎて震える。